あなたの夢を応援!開業支援の情報おまとめサイト

お金の心配はいらない?あなたのお悩み解決サポート

知らなきゃ損!公的機関の代表とは

融資と言ったら、何を思い浮かべるでしょうか。
おそらく、銀行が大多数だと思います。

お金を預けたり、引き出す場所は銀行がほとんどです。
ですから、初めて開業をしようとする人であれば、だいたいはお金と銀行はセットで出てくるキーワードです。

ただし、お金が出てくるところは銀行だけ、というのは間違いです。
起業家が融資を受けるといえば忘れてはならないのが、日本政策金融公庫です。

日本の経済成長を支えるものとして、日本政府が出資している機関。
初めて開業する方だけでなく、一度廃業してしまった方でも再度挑戦するための制度まであります。

何といっても魅力は、その限度額の範囲。
数千万円まで対応しているので、小さい規模から大きい規模まで、対応していただけます。

援助を受けるなら今!人気の支援制度

少子高齢社会の日本で、しばしば問題視されているのが、若者の力の衰退。
また、女性の社会進出や労働力もますます貴重なものとなっています。

日本政策金融公庫も含めて、資金援助機関のほとんどが、20代、30代のいわゆる「若手」世代や、女性への支援に特に力を入れているようです。

さらに、情報社会では、開業の形も様々であり、IT化を進める企業も多いことから、IT業界への支援制度も充実しているようです。
IT業界では若者や女性が働きやすい環境が整っており、「働き方改革」の推進にも貢献できるため、融資の割合も高くなってきているように思われます。

開業をするからには、お客様、さらには世の中の人々が何を求めているかを考え、それに応えていく必要があります。
社会で問題になっていることを解決するようなサービス、そして、これからの未来を創っていくサービスであれば、融資を受けられることは間違いなさそうです。